日本デザイン団体協議会(D-8)The Council of the Design Association of Japan

デザイン保護研究会


◆ 設立の目的と経過

日本デザイン団体協議会は最初のワーキンググループとして1993年に知的財産としてのデザインの地位確立を目指し「デザイン保護研究会」を立ち上げ、活動を続けてきました。現在はデザインの創作性の保全を目的とした「創作証制度」に取り組み、テスト運用を経て、本稼働に入っています。この制度に係わるテーマの研究と、知的財産法及び関連する法律と事例を、デザインの視点で勉強・討議を重ねています。
今日のデザイン環境の変化の中で、各団体それぞれの新しい問題への対応を、これからは広く共有し、実りある「デザイン保護」を進めていきたいとしています。

   研究会の活動    D-8創作証について    D-8 創作証規約


◆ 構成メンバー所属

デザイン保護研究会には、各デザイン団体に所属する以下の委員会/部会が参加しています。